登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

※画像はイメージです

コロナで新築戸建ての家づくりは変わった?最新の住宅設備を解説!

2021-07-26

はじめに

新型コロナウイルス感染症の影響が続いていますが、新築戸建ての家づくりにも変化が見られています。

コロナ禍によってオンライン化や在宅ワークなど、働き方の変化により、新たな家づくりへの注目が高まっているようです。

コロナ以前は家族とのコミュニケーションが取りやすいリビングの間取りが人気でしたが、コロナ禍ではテレワークスペースの確保などを重視する方も増えています。

この記事では、コロナ禍によって変化した新築戸建ての家づくりについて、最新の住宅設備の紹介も交えながらご紹介します。


コロナ禍で新築戸建ての家づくりはどう変わった?

まだまだ油断できない状況が続くコロナ禍ですが、マスクの着用やソーシャルディスタンスなど、今までの生活様式にも大きな変化をもたらしました。

そんな中で、生活様式や常識だけでなく、家づくりにも変化が起きています。

例えば、従来のリビングスペースには、家族とのコミュニケーションや開放的な空間を希望する方が多かったです。

しかし、コロナ禍では開放的な空間は、テレワークにとっては逆効果となり、個別スペースを作りたいと希望する方も増えています。

在宅ワークが浸透した今では、自宅で仕事ができる環境を優先する方も多く、広いスペースよりも集中できる作業スペースを確保したいと考えている方も多いです。

また、テレワークや在宅ワークだけでなく、感染予防を考慮した住宅設備の開発が進んでいます。


玄関に手洗い洗面所とシューズクローク

最新の家づくりでは、玄関先に手洗い洗面所を設ける家も多く見られます。

感染予防として手洗い・うがいが重視され、家の中にウイルスを持ち込まないように、玄関に手洗い洗面所を設置する方も多いです。

また、手洗い洗面所だけでなく、玄関からリビングを通過せずにバスルームにアクセスできる間取りなども増えています。

そして、玄関からウイルスを持ち込まないためにシューズクロークを設けることで、靴だけでなく上着なども部屋に持ち込まず収納が可能です。

玄関には靴だけでなく、帽子や上着、鞄なども収納したいとの要望も増えています。

シューズクロークは、ウイルスだけでなく花粉の時期にも大活躍してくれるので、家の中の花粉対策にも有効です。

玄関をきれいに保つことができるので、日常生活の中でも便利に使えますよ!


リビングにテレワークスペースを確保

コロナによって浸透したテレワークや在宅ワークですが、夫婦ともにテレワークになりデスクが取り合いになったなどの問題も生じています。

また、オンライン会議では生活音が入り込んで集中できなかったり、家の中での作業環境に不満を持つ人も多いです。

そんな働き方の変化により、リビングスペースにテレワーク用のスペースを確保したいとのニーズも増えています。

お子様の様子を見ながら仕事ができるスペースや家族の気配が感じられるように半個室のスペースを設けたり、テレワークに対応するための間取りを考えられた家も登場しているのです。

テレワークなどはコロナ終息後、すぐになくなるとは考えにくく、将来のお子様の学習スペースとしても活用できるので、便利な部屋になるでしょう。


宅配ボックスやパントリーの需要が増加

コロナ禍では買い物の頻度を減らし、通販を利用する方も増えています。

宅配ボックスがあれば不在時にも「置き配」が利用でき、いつでも受け取りが可能です。

最近では様々なサイズの宅配ボックスも登場しており、新築時に設置を希望される方も多くなっています。

また、ネットを利用したまとめ買いに対応できるようパントリーを設ける方も多いです。

家で過ごす時間が増えた今では、キッチンは家族のコミュニケーションの場所となり、家族みんなが快適に利用できるような空間が求められています。


新しい生活様式に合わせた家づくりをしよう

今回は、新型コロナウイルスによって新築戸建ての家づくりについてご紹介しました。

感染予防の観点から玄関に手洗いスペースを設けたり、リビングにテレワークスペースを設置するなど、従来の生活から大きく変化しています。

家で過ごす時間も増えているため、家族が快適に過ごせる環境を作ることも必要です。

新しい生活様式に合わせた家づくりで家族が過ごしやすい空間を作りましょう。


フッター