登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

※画像はイメージです

夏を快適に過ごすための「家の暑さ対策」とは?

2021-06-29

はじめに

家の中はジメジメと過ごしにくい、冷房を強くすると足が冷えて辛い、夏の季節は家の中が不快になっている方も多いでしょう。

家の中に熱が籠ることで熱中症になってしまう危険性も高くなるのです。

ムシムシした不快感は我慢すればするほど、寝苦しさや不快感の増強に繋がってしまいます。

今回は、夏を快適に過ごすための「家の暑さ対策」についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


家の中で熱中症になる人も多い

夏になると熱中症になる方も増えますが、実は家の中で発症している方が多いです。

昼間の気温が高い時期だけでなく、夜間の寝ている時に発症する場合も多いため、1日を通して油断できない状態になっています。

夜は気温が下がるから大丈夫では?とお考えの方もいますが、夜間の気温低下により昼間に熱せられた壁や天井が部屋の中を温め出すため、室内温度は上昇するのです。

夏は1日中を通して室内の暑さ対策をしっかり行う必要があります。


家の中が暑くなる原因は?

家の中は壁や屋根に囲まれているため、内部が温まると熱がこもり、外に逃げにくいため、外の気温よりも暑くなります。

特に鉄筋コンクリート造のRCの場合は、気温の高い昼間に熱を溜め込み、夜に放出するため1日を通して不快な熱がこもってしまいます。

木造住宅でも2階の部屋にこもった暖かい空気が1階に流れてきたりするため、家が暑くなってしまうのです。

また、エアコンの冷房機能を使っても空間の上部と下部では温度差があるため、身体が感じる不快さは解消できません。


家の暑さ対策のポイント

夏の不快な暑さを軽減させるためには、家の暑さ対策を行うことが大切です。

家の暑さ対策としては、次の方法があります。

・遮光カーテンを使用する
・エアコンをつけながら窓を開けて風を循環させる
・すだれやグリーンのカーテンを作る
・ベランダにウッドパネルを敷く
・サーキュレーターを回す
・窓と玄関ドアを断熱性にする

部屋の中の温度を上げないためには、直射日光を避けるための工夫が必要です。

遮光カーテンやすだれ、植物を使ったグリーンのカーテンなどを使用することで、太陽の熱をシャットアウトしつつ風を確保することができるでしょう。

また、部屋の中の空気を循環させるため、サーキュレーターを回すことも効果的です。


根本的に暑さを解決するならリフォームも選択肢の一つ

先ほどご紹介した方法は、夏を快適に過ごしやすくするための方法ですが、根本的な解決にはなりません。

根本的に部屋の不快な暑さを解消するなら、断熱性能に優れた窓や壁にリフォームすることです。

また、内窓を設置することで熱の出入りが抑えられるので、不快さも軽減できます。

夏の不快感を根本的に解決して、快適に過ごしたいとお考えの方は住宅のリフォームも視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。


家の暑さ対策をして熱中症を予防しよう

今回は、夏を快適に過ごすための「家の暑さ対策」についてご紹介しました。

家は屋根や壁に囲まれているため、熱がこもりやすく室温も上がりやすいです。

特に、夏の夜は外の気温は下がっても、室温は下がらないため熱中症にも注意しましょう。

熱中症を防ぐためにも、夏の暑さ対策をしっかりして快適に過ごしてくださいね!


フッター